軽いフットワークで市民の声を政治に活かします
むとう千里の「はっぴぃ通信」
2011年1月27日 230

ミニバス北路線・体験走行会に行ってきました

北路線の延伸が予算化

 22日(土)にミニバス北路線の深大寺地域への延伸に向けた体験走行があり、息子と参加しました。参加者は午前19人、午後7人で、午前のバスはほぼ満員でした。

 体験走行では、当初の計画路線と、一方通行や道路復員・カーブなどの対策として検討されている迂回路線を比較し、参加者はアンケートに答えました。

 実際に乗ってみることで、狭い道を通行する際の歩行者や自転車、対向車とのすれ違いの様子もよくわかり「このカーブは見通し悪いね」「自転車がバスが通り過ぎるのを待ってるね」など色んな話が出ました。路線近くにお住まいの方は「走っている様子も見たい」とのことで、午前は試乗、午後は路上から走行の様子を確認していらっしゃいました。

 担当部署では、今後、住民の皆さんとの意見交換会や、試乗会でのご意見をまとめ、路線を確定。23年度中には北路線の全線開通の実施を予定しているとのことです。

 昨日議会の各会派への23年度予算案の説明があり、ミニバス北路線を延伸も予算案に盛り込まれていました。さっそく、地域の方にお伝えすると「心待ちにしています」とおっしゃっていました。

深大寺地域巡回バスの声

 一方、深大寺北町や元町地域からも「ミニバスを運行してほしい」との要望が上がっています。植木畑や植物公園、住宅が立ち並ぶ地域で、スーパーや商店、病院も少なく、集会所や図書館などの公共施設も点在しており「公共施設などを結ぶ地域のバスがほしい」との声が多くあり、市に対して住民の署名つきの要望書も昨年末提出されています。

 22日に深大寺地域福祉センターで開かれた「市長と語るふれあいミーティング」で、参加者の「深大寺北町や元町にもミニバスを」との意見に対して、市長からは「北路線の延伸運行後に、ご意見を聞きながら可能なことがあれば考えたい」との回答でした。

 地域を歩いてご要望をうかがうと、年齢に関わり無くミニバスへの要望がたくさん寄せられています。「ふれあいミーティング」は地域の生の声を聞く場。大切な要望をしっかり持ち帰ってほしいと思いました。

交通計画にみんなの声を

 現在調布市では公共交通や道路の問題など市全体の「総合交通計画」の素案が作られ、今週、市内各地域で説明会(地域の意見を聞く会)開かれます。計画の中には、東西南北各地域の交通事情も反映されるべき、深大寺のミニバス計画につながるよう、私も地域のみなさんと一緒に参加して意見を出したいと思います。 27日19時〜は北部公民館、29日14時半〜たづくり8階です。また、説明会に参加しなくても意見は出せます。 意見提出の締め切りは2月10日とのこと。素案の内容や意見の出し方の詳細は市役所交通対策課電話(481)7454まで。

つつじヶ丘駅から杏林大学病院行きのミニバス路線新設へ
 昨日、議会の各会派への来年度予算案の説明がありました。現時点での予算案の内容ですが、皆さんに報告したいうれしい内容が盛り込まれていました。今後、テーマごとに「はっぴぃ通信」でお伝えしていきます。

三鷹市と共同でバス運行

 現在バリアフリー化工事が進んでいる京王線つつじヶ丘駅、今年3月末までに、バリアフリー化の切り替えが実施される予定(一部工事は継続される)とのことです。 また、つつじヶ丘駅と杏林大学病院を結ぶ新しいミニバス路線を、調布市と三鷹市の共同で運行するための予算が盛り込まれました。つつじヶ丘駅発のバス路線は、深大寺方面の路線しかなく、駅利用者や地域住民からは、JR方面の路線の新設を求める声が上がっていましたが、バス会社同士の話し合いが進まず、暗礁に乗り上げていました。現在準備中の路線は、つつじヶ丘駅発、三鷹市中原の住宅街(中仙川通り)を通る杏林大学病院までのルートですが、JR方面への大きな一歩です。私も、繰り返し議会で取り上げてきた問題の予算化、とてもうれしいです。

ミニバス北路線

 もうひとつ、ミニバス北路線(調布駅北口〜調布ヶ丘〜佐須〜深大寺東町)全線開通の動きです。

 22日(土)にミニバス北路線の体験走行があり、息子と一緒に参加してきました。参加者は午前19人、午後7人で、午前のバスはほぼ満員でした。

 体験走行では、当初の計画路線と、一方通行や道路復員・カーブなどの対策として検討されている迂回路線を比較し、参加者はアンケートに答えました。

 実際に乗ってみることで、狭い道を通行する際の歩行者や自転車、対向車とのすれ違いの様子もよくわかり「このカーブは見通し悪いね」「自転車がバスが通り過ぎるのを待ってるね」など色んな話が出ました。路線近くにお住まいの方は「走っている様子も見たい」とのことで、午前は試乗、午後は路上から走行の様子を確認していらっしゃいました。

 担当部署では、今後、住民の皆さんとの意見交換会や、試乗会でのご意見をまとめ、路線を確定。23年度中には北路線の全線開通の実施を予定しているとのことです。

 ミニバス北路線を延伸も来年度予算案に盛り込まれました。さっそく、地域の方にお知らせしたら、「心待ちにしています」とおっしゃっていました。

交通計画へご意見を

 調布市では公共交通や道路の問題など市全体の「総合交通計画」の素案が作られ、市内各地域で説明会が開かれます。この計画では各地域の交通事情が反映されます。27日19時〜は北部公民館、29日14時半〜たづくり8階です。また、説明会に参加しなくても意見は出せます。意見提出の締め切りは2月10日とのこと。素案の内容など詳細は市役所交通対策課電話(481)7454まで。