軽いフットワークで市民の声を政治に活かします
バックナンバー
2011年分
2013年分
き・ど・あい・らく
2012年
10月31日 厚生委員会の行政視察

今日から厚生委員会の行政視察です。めったに乗ることのない飛行機で、九州、福岡県大野城市に来ました。

大野城市では高齢者の足となるマイクロバスが、住宅地をきめこまかに走っています。行政が車両とガソリン代金、保険などを整え、運行は地域住民のコミュニティー組織が行っています。運転手は住民の有償ボランティアです。バス停も住民の意見をうけて決めたりと、地域住民の方々が、とても生き生きと活動されていました。

10月25日 芋掘り遠足

朝夕も肌寒くなり、すっかり秋ですね。昨日、次男は保育園から、柴崎の農家の方の畑に行って芋掘りをしてきました。息子のリュックサックには大きなサツマイモが2本。面白い形のお芋もあり、「お尻お芋!」と大喜びでした。夕食は、朝からリクエストしていた「お父さんの天ぷら」。家族みんなで秋を味わいました(^.^)

9月2日 子どもといっしょに防災訓練へ
国領地域の防災訓練に子どもと一緒に参加しました。消化器の使い方や煙体験、救命救急心肺蘇生法やAEDの使い方等を子どもも一緒に体験しました。家に帰ってから、保育園での避難訓練のことや、昨年3月11日にどんなだったかなどの話が子どもからあり、地震や災害があった時にどうしたらいいか、家族で話すきっかけにもなりました。
 さて、今週5日から9月議会が始まります。8月末から議案の説明が始まり、先週は一般質問も通告しました。私は、「消費税増税の市内産業への影響と、市の対応について」と、「原発に頼らない社会の実現に向け、積極的な新エネルギー施策を」とのテーマで質問します。現在、質問のための、市内の調査やなど準備してます。みなさんのご意見も是非お寄せください。

8月27日 原爆も原発もいらない


 昨日は「調布平和のつどい」に参加しました。「平和のつどい」は1983年9月に「調布市非核平和都市宣言」が市議会で採択されたことを記念して始まりました。そして、深大寺ではこうした当時の市民の声を受け、毎年8月6、9、15日に平和の鐘を鳴らしています。今年は、現在の深大寺のご住職のインタビューも紹介されていました。つどいでは、原子爆弾の廃絶と共に、脱原発も訴えられ、福島で子育て中のお母さんの声や、子どもたちの絵も紹介されました。調友会(原爆被害者の会)や市民のみなさんの手作りのつどい。「原爆も原発もいらない」を実現するために私もがんばろうと心に刻みました。
 帰宅後は、28日から2学期スタートの長男の夏休みの宿題総仕上げをしました(*-*)
ページトップへ

8月9日 平和を願う深大寺の鐘

今日は長崎の原爆記念日。6日に引き続き、深大寺では平和を願う鐘が鳴り響きました。同じ深大寺の満珠園ギャラリーでは、平和を願う深大寺地域のみなさんによる手作りの美術展が開かれていました。日本画、油絵、書、焼き物、写真、染め物、人形等々、どの作品からもそれぞれの方の人柄が伝わってきて、あわただしい毎日できりきりしてしまう心を優しく包んでくれるようでした。おみやげにすてきな栞をいただきました。この美術展は11日土曜日の夕方5時まで開かれています。是非、足をお運びください。
ページトップへ

8月8日 川遊びに山登りに大喜び 



先週末は、「NPO法人八千穂お山の家」の企画で長野県佐久穂町へ。6月に田植えした田んぼの草刈りや、ブルーベリー狩り、川遊びなど、子どもと一緒に自然を満喫しました。
東京とは別世界の八千穂高原。朝晩は肌寒いくらいの気温で、布団にくるまりいつまでもぬくぬくとうたた寝をしたい気分。
次男にとっては初めての山登りもしました。登ったのは八ヶ岳の高見石という白駒池駐車場から歩いて1時間ほどの手軽でファミリー向けの山。とはいえ、標高2300mのれっきとした山です。頂上付近は大きな岩山を数十mにわたって登るのですが、子どもたちは大喜びで、親の心配をよそに、お猿のようによじ登っていました。山の頂は眼下に白駒池を見下ろし、素晴らしい眺望が。みんなで「ヤッホー!」とやまびこを楽しみました。
ページトップへ

7月25日 夏休みが始まった 

 子どもの夏休みが始まり、いよいよ夏本番!子どもたちは、ラジオ体操やプール、葛飾の花火大会と、夏を満喫しています。私も高校時代の同窓会のために久しぶりに名古屋の実家に次男を連れて行ってきました。両親とも健在で、父の77歳のお祝いを弟家族と一緒にしました。このところ父は腎臓の調子が悪く母が心配していました。2人とも元気で長生きしてほしいと、心から思いました。
ページトップへ

7月4日 次男の5歳の誕生日に
市議会の取り組みで、普通救命講習を受講しました。今回で3回目の受講ですが、心肺蘇生やAEDの使い方など、復習できました。以前講習を受けた翌日に、交通事故に遭遇した経験があります。消防所長の挨拶で、東京で心停止状態で救急搬送される方のうち、救急隊到着前に心肺蘇生がされるケースは、わずか3割強との現状を聞き、もっと多くの市民が技能を身につけることが、1人でも多くの命を救うことになると強く思いました。

今日は次男の5歳の誕生日!夕方からは夫の実家(町田)で誕生会をしました。いつもケーキを用意してくれる義父が入院中で、ちょっと寂しかったけど、11月の長男の誕生日は、また、みんなでそろいたいと思いました。
ページトップへ

6月19日 台風に負けるな!
我が家のベランダのささやかな家庭菜園に、5日前からかわいい“訪問者”が来ているのを夫が発見。バジルやシソについているアブラムシなどをせっせと食べてくれて、ちょっとずつですが育っているようです。しかし・・・今日の台風でどうなる事か。今朝、心配して「虫かごに入れておく」と息子。「自然のままで大丈夫、なるようになる」と夫。結局、そのままシソの葉陰に残すことに。はたして、結果はいかに。

(翌日談)
台風の去った朝、びしょ濡れのベランダに出てみると…いました!!夜半から未明にかけての大嵐の中、1cm足らずの小さな体で、必死にシソの葉にしがみついて、身を守っていたようです。ホッ。
ページトップへ

6月11日 雨の中の田植え体験 
 週末、息子たちの同級生家族と、長野県佐久穂町で田植えをしてきました。ちょうど梅雨入りの日となった土曜日は小雨降る中、田植え決行!泥にまみれながらも、仲間と一緒の経験でした。昨年に続いて2回目の田植え。どうか、美味しく育ってくれますように。田んぼには、卵を背負ったタガメ!?(本当はコオイムシ)も…。日曜日は、白樺クラフトやアスレチックで自然を満喫しました。
 
ページトップへ

6月7日 一般質問に「ありがとう」のメールが

 昨日(6月6日)、本会議で一般質問を行いました。テーマは、
「住宅やマンション・ビルなど民間建築物の耐震化対策」「私立の幼稚園や保育園の耐震化の支援策について」です。
 7日の夕方くらいから市議会のホームページで録画を見ることができるので、是非、ご覧ください。(^-^)
 本番の中継を見てくれた幼稚園ママから、「ありがとう」のメールが届いて、凄く嬉しかったです。(^-^)v
 さあ、少しリフレッシュして、また、頑張るぞ~!
ページトップへ

5月30日 6月の定例市議会が目前です

 明後日から6月の定例市議会が始まります。今週は、一般質問の通告などなど、議会にむけての準備であわただしい日々。議会棟は議員や職員でいっぱいです。今回の質問のテーマは、「住宅やマンション・ビルなど民間建築物の耐震化対策」、「私立の幼稚園や保育園の耐震化の支援策について」です。今日は、詳しい質問内容について、市の担当部局に伝えました。がんばるぞー!
ページトップへ

5月25日 市長の言葉にちょっとガッカリ

 今日の午前中、パブリックコメント受付中の「調布市保育総合計画(素案)」について、市長に申し入れ、懇談をしました。計画(素案)では、今ある公立保育園12園を4園程残して、ほとんどを民営化してしまう内容となっています。正式な回答は後日とのことでしたが、意見交換の中で市長は、「民間にできることは民間に」との見解で、子どもの保育に対して、自治体の責任や果たすべき役割については具体的な話はありませんでした。

 パブリックコメントは今日25日の日付が〆切です。計画(素案)に対する率直な市民の意見を、是非出して下さい。
(写真は、市長室の入口です)
>>市長への申し入れ書全文はこちらから
ページトップへ

4月20日(金) 新ごみ処理施設を視察してきました

今週の月曜日(4月16日)に、調布市と三鷹市が共同で建設している、新ごみ処理施設(深大寺東町7丁目)の視察がありました。現在工事進捗率は65%で、今年10月に試運転、来年4月から稼動の予定です。市民参加の検討会で規模や方式を決めてきた新施設です。炉の安全性やダイオキシン対策、臭い対策の他、発電設備もあり、年間4,430万kW(約1万2千世帯相当)の発電が計画されています。今後は、放射能対策も必要です。被災地の瓦礫処理の可能性もあることから、徹底した安全策、地元市民の合意を前提とした対応が求められています。
ページトップへ

4月13日(金) 春爛漫、桜が満開です
 

春だ~!と、満開の桜の下、散歩したり、子どもと遊んだり、お花見したり。待ちに待った春は、うれしいですね。公園には、お母さんと小さな子どもたちが走り回ったり、お年寄りがお散歩したり、幸せな時間だなと、心がいやされます。家族が健康でいること、大切な仲間がいることの大切さが心にしみる今年の春です。
ページトップへ

1月31日(火) ミニバス北路線がいよいよ開通
 昨日は、ミニバス北路線の開通式典と試乗会に参加。今日はバスが走っている道路の様子を見てきました。早速、通院や買い物にミニバスを利用している方もいらっしゃいました。「バスが通って嬉しい」とのお電話もいただきました。今後は、歩行者の安全確保などの課題解決を地域のみなさんと進めていきたいと思います。(関連:はっぴぃ通信250号
 1月は、市内団体のみなさんの新年会があり多くの方と交流ができました。25日は共産党の新春の集いもグリーン小ホールで行い大勢の方がおこし下さいました。ありがとうございました。
また、先週末は大切な家族の入院もあり、お互いを思い合うことの大切さを感じています。いろんな事があった今年の始まり、明日から2月、がんばるぞ!
ページトップへ

1月24日(火) 来年度予算の編成を前に市長と懇談
 


 市長への緊急要望書を提出。市長と懇談しました。
 介護保険や後期高齢者医療の保険料の値上げ抑制については、努力したいとの回答。認可保育園の保育室面積基準の緩和は「当面実施しない」との回答でした。保育園については息子の保育園の先生や父母からも要望していたことでもあり、早速伝えて喜びあいました。保育園待機児については、来年度の予算で190人分(認可保育園2園)を新設を予算計上するとのことでした(ヤッタ!)
 放射能物質の測定機購入は、残念ながらよい回答はありませんでしたが、「臨機応変にできることをしていく」との回答があり、引き続き要望していこうと思いました。
 
 今日の雪、子どもたちは大喜び、大人は滑らないようにそろりそろりと歩いています。
ページトップへ

1月21日(土) 脱原発の学習会
 「食料と放射能」の学習会でした。寒い雨の中、息子の保育園の栄養士さんをはじめ、18人に方が参加して下さり感謝です。

 学習会の後、市内の婦人団体(新婦人の会)の放射線量の測定や被災地支援の取り組みの話や、お母さんたちの疑問、調布市の取り組みへの要望など意見の交流ができ実り多い会になりました。

 お忙しい中、講師を引き受けていただいた隅田総一郎さんありがとうございます。隅田さんが事務局長をしているセイピースプロジェクトがとてもわかりやすい「低線量内部被ばくから子どもを守るために」をつくってくれました。詳しくはセイピースのHP見て下さい。学習会では用意して下さった15部完売でした。これからも、放射能から子どもを守る、脱原発のネットワーク広げていきたいです。
ページトップへ

1月4日(水) お正月、今年の目標を決めました
 

 年末年始は、私の実家の名古屋、夫の実家の町田を巡り、みんな元気に新年を迎えられてよかったねと、喜びあいました。初詣は、家族4人で高尾山に。初めて高尾山口から徒歩で登ってきました。思いっきり家族で過ごしたお正月。明日からガンバるエネルギーになりそうです。
今年の目標は「家族と仲間を大切にすること。あきらめないで、みんなと力をあわせること」です。本年もよろしくお願いします(^^)❤

写真は「元旦の富士山」(左)と「高尾山にて」(右)
ページトップへ


ご意見・お問い合わせは042-481-7280(議員控室)へ
メールの場合は
chi.muto@clock.ocn.ne.jp